FC2ブログ

童貞との体験

エッチが大好きなかをり姉さんが利用している童貞との体験を書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真面目な男  

沙織と圭介は、童貞の従業員が10人という小さな印刷会社に勤める同僚だった。
 圭介は高校を卒業してこの印刷会社に就職、今年36歳になる。妻子もちの男性であった。
 一方の沙織は、この春、短大を卒業したばかりで、この会社の事務員として働いていた。
 その夜、二人が勤めている会社を今年定年退職する男性がいて、送別会が会社の近くにある飲み屋街で行われた。
 圭介と沙織は、普段からそんなに仲のいいほうではなかったが、酒に弱い沙織が今夜は飲みすぎて酔っ払ってしまったため、沙織と家が一番近い圭介が、沙織を送るはめになったのである。
 日頃から真面目な圭介だ。圭介が送り狼になるなどいう疑念は誰もいだかず、沙織を圭介にまかせた。圭介と沙織以外の者は、二人に別れを告げると、そのまま次の店へと繰り出した。

 圭介は、酔って足元をふらつかせている沙織を抱きかかえながら、終電になんとか間に合うように駅へと急いだ。
 少し歩きはじめたところで沙織が「うっ、く、くるしい」としどろもどろながら言った。
「大丈夫か」と圭介は心配そうに聞く。
 沙織は「だ、だめ、歩けない」と言ったかと思うと、そのまま地面にへたりこんでしまった。
 圭介はそれでも、なんとか沙織を抱き抱えると、また駅に向かって歩き出した。抱きかかえる圭介の腕に、こぶりながら柔らかい胸の感触が伝わってきたが、元来、生真面目な圭介の脳裏には、まだいやらしい男の感情は芽生えていなかった。
 そして、また少し歩くと沙織はさきほどのように地面にへたりこんだ。
 圭介は(まいったな、これじゃ終電にまにあわない)と心でつぶやいた。
「おい、歩けそうにないのか」と圭介が沙織に聞いたが、沙織は首を横にふるばかりだった。



-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ 2009/06/26 10:51 ] 童貞の日記 | TB(0) | CM(0)

理想の女性  

僕には姉がいるんですが思春期の頃になると、童貞の僕から見ても姉は綺麗で歳が離れていて優しく、そんな姉を僕は女として見ていました。
姉を紹介させてもらうと歳は27歳で背は169ぐらいでムッチリ体型何だけど痩せてて胸が大きい。
僕は18で高校生、姉が住むマンションに居候してる。
僕は姉を女として見ている為毎日がドキドキ、おまけに姉は仕事から帰ってくると基本タンクトップにデニムの短パン姿でいるから、いつも襲いたくなるんだけど、我慢して部屋で抜いていた。
でも、これまで僕は、姉のエロイ姿を思い出したり、脱いだばかりの下着で欲求を満たしていたんだけど、それも物足りなくなっていき、今まで思わなかった姉とHしたいと思うようになっていった。
月に二回ぐらい僕は姉とたまにお風呂に入るのですがいつも恥ずかしくて姉の裸を見れないんだけど、髪の毛を洗っている時に少しだけ見ることができました。
そして僕は姉としたくなり普段自分からは言わないんですがその日は
「お、お姉ちゃん、今日さ、一緒にお風呂はいろう?」と恥ずかしかったから俯いて言ってた。
「**から珍しいね。いいよ、食器洗ってからいくから先入ってて」
僕は急いで服を脱ぎ浴槽に浸かって姉を待ってた。その間アソコはギンギン状態。
三分ぐらい浸かってたら、ガチャと風呂のドアが開く音が
「お待たせー」と何かご機嫌だった。やっぱり僕は姉の裸が見れず姉に背中向けた状態で湯に浸かり、姉はシャワーで体を流している様だった。
ツンツン突然背中をつっつかれ一瞬ビックリして姉の方を振り向くと姉は椅子に座り少し前かがみになっていて姉の胸が僕の顔の近くで少しだけプルプル揺れてた。
やっぱりお姉ちゃんの胸大きいなと思いアソコは益々すごい事に。
「やっと見てくれた、**いっつも背中向けるけど、恥ずかしいの?」
「う、うん、お姉ちゃん綺麗だし、ス、スタイルいいから・・・」
「またまたー、そんなこと言って、年上をからかわないのー」と僕の鼻を指先で突く
「からかってないよ、思ってる事言っただけ」
「そっか、ありがと、でも褒めたって何にもでないよ?」
「別にいいよ・・・」ホントはあるが


-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ 2009/06/25 11:13 ] アダルト日記 | TB(0) | CM(0)

姉との話続き・・・ 

「しょうがないなぁ、スケベ何だから」とカーテンを閉めベッドに上がり、俺の脚の間にはいり、ズボンに手を掛ける。
姉はトランクスと一緒に膝までズボンをおろし勃起したあそこが露になる。
「へぇー顔に似合わず、あんたの結構大人なんだね。 」
「そんな事言わないでよ。恥ずかしいんだから」
「ふふっごめん、ごめん。それよりまだ触ってもないのにびくびくさせちゃって、もしかしてあんた童貞?」
「うん、姉ちゃんは経験済みだよね?」
「まぁね。でもあんまりしてないかな」と姉は右手で握り、ゆっくり扱いていく。
「どう気持ちいい? 」
「う、うん。すごい気持ちいい」
ねぇ・・・もうでそうなんじゃない?ちょっと出ちゃってるよ? と右手で扱きながら俺の目を見てくる。う、うん。もういきそう
いいわよ。一回だしちゃいなさいというと右手の動きが早くなり、姉は身体を倒し先端に唇を付ける。
俺はそんな姉の行動に驚いたが、構わず口にだしてしまった。姉は黙って口で受け止めてくれた。
ハァ、いっぱいでたね。ちょっと量が多くてびっくりしちゃた。とティッシュをとり口を拭う
ごめんね、姉ちゃんの気持ち良すぎて。
別に気にしてないよ。またしたくなったらいって。してあげるから。

-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ 2009/06/19 11:35 ] 童貞の日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

かをり姉さん

Author:かをり姉さん
歳は24で人妻してるかをりです。

日頃お家にいても退屈なので
出会いサイトでの
エッチやセフレ作りに
励んでいる
元気な人妻です。

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。