FC2ブログ

童貞との体験

エッチが大好きなかをり姉さんが利用している童貞との体験を書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真面目な男  

沙織と圭介は、童貞の従業員が10人という小さな印刷会社に勤める同僚だった。
 圭介は高校を卒業してこの印刷会社に就職、今年36歳になる。妻子もちの男性であった。
 一方の沙織は、この春、短大を卒業したばかりで、この会社の事務員として働いていた。
 その夜、二人が勤めている会社を今年定年退職する男性がいて、送別会が会社の近くにある飲み屋街で行われた。
 圭介と沙織は、普段からそんなに仲のいいほうではなかったが、酒に弱い沙織が今夜は飲みすぎて酔っ払ってしまったため、沙織と家が一番近い圭介が、沙織を送るはめになったのである。
 日頃から真面目な圭介だ。圭介が送り狼になるなどいう疑念は誰もいだかず、沙織を圭介にまかせた。圭介と沙織以外の者は、二人に別れを告げると、そのまま次の店へと繰り出した。

 圭介は、酔って足元をふらつかせている沙織を抱きかかえながら、終電になんとか間に合うように駅へと急いだ。
 少し歩きはじめたところで沙織が「うっ、く、くるしい」としどろもどろながら言った。
「大丈夫か」と圭介は心配そうに聞く。
 沙織は「だ、だめ、歩けない」と言ったかと思うと、そのまま地面にへたりこんでしまった。
 圭介はそれでも、なんとか沙織を抱き抱えると、また駅に向かって歩き出した。抱きかかえる圭介の腕に、こぶりながら柔らかい胸の感触が伝わってきたが、元来、生真面目な圭介の脳裏には、まだいやらしい男の感情は芽生えていなかった。
 そして、また少し歩くと沙織はさきほどのように地面にへたりこんだ。
 圭介は(まいったな、これじゃ終電にまにあわない)と心でつぶやいた。
「おい、歩けそうにないのか」と圭介が沙織に聞いたが、沙織は首を横にふるばかりだった。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


-紹介 サイト-


童貞喪失してお金もGET!

↓↓
童貞フェチ:童貞好きセレブへ逆援で童貞卒業!

[ 2009/06/26 10:51 ] 童貞の日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かをり姉さん

Author:かをり姉さん
歳は24で人妻してるかをりです。

日頃お家にいても退屈なので
出会いサイトでの
エッチやセフレ作りに
励んでいる
元気な人妻です。

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。